前へ
次へ

インターナショナルスクール卒業後の進路

学校は一生通うわけではなく、主に子供のころに教育を受ける場所になるでしょう。
小学校から中学校、そして高校大学と進学してその後社会に出ていきます。
社会に出た後は自分で勉強をしていかなくてはいけません。
インターナショナルスクールでは小学校から高校までの勉強ができるようになっていて、それ以降の進路は別に考える必要があります。
もちろん就職をすることも可能ですが、子供の将来のために大学に進学させたいと考える人も多いでしょう。
インターナショナルスクールを卒業したとどんな進路を取るケースが多いかですが、親と一緒に外国から来ている生徒は母国の大学に進学することが多いようです。
高卒で海外の大学に進学となると一般の高校からだと情報が少ないかも知れませんが、インターナショナルスクールであれば友人などからもいろいろ情報が得られそうです。
日本の大学においては英語で授業が受けられるところが人気です。
インターナショナルで学んでいれば大学での英語の授業も容易に受けられるでしょう。

Page Top